神経痛に効く薬を集めました。痛みに本当に効くのはどれ?

神経痛に本当に効く薬はどれ?

肩や腰、手足がビリビリとしびれる神経痛。耳にしたことがある方も多いのではないでしょうか。神経痛の原因は実にさまざま。根本的に治すには、原因を取り除くことが大切です。ですが、とにかく神経痛の痛みだけでも、取り除きたい方も多いことでしょう。

 

そんなは方には医薬品がおすすめです。当サイトでは、ツラい痛みに効く医薬品を集めてみました。特におすすめは、1日1回で飲み忘れのない、リョウシンJV錠です。成分や効能、飲み方など、ぜひ比較してみてください。

 

リョウシンJV錠の特徴

痛みに効く4成分を配合した神経痛に効く医薬品です。フルスルチアミン(ビタミンB1)、シアノコバラミン(ビタミンB12)、ピリドキシン塩酸塩(ビタミンB6)、γオリザノールを承認基準の最大量配合。冷えると痛む神経痛に嬉しい血行促進成分も入っています。しかも1日1回3錠。錠剤が苦手な方、飲み忘れが気になる方にも喜ばれています。体力低下時、肉体疲労時、妊娠・授乳期の栄養補給にも効きます。初回限定価格は1,900円(税別)。

価格 1,900円
評価 評価5
備考 1日1回3錠

 

グルコンEX錠プラスの特徴

神経痛に効くビタミンB1・B6を配合した医薬品です。チアミン硝化物(ビタミンB1)、ピリドキシン塩酸塩(ビタミンB12)が神経組織を元気にします。ビタミンE配合で血行を促進。軟骨の水分保持に有効なコンドロイチンをプラス。しかも1日3回、1回2錠。体力低下時、肉体疲労時、妊娠・授乳期の栄養補給にも効きます。定期お届けコース、初回限定価格は1,980円(税込)。

価格 1,980円
評価 評価4
備考 1日3回、1回2錠

 

ラークセブンの特徴

神経痛によい7つの成分を配合した医薬品です。パントテン酸、ビタミンB1誘導体、ビタミンB12、活性型ビタミンB6、γオリザノールを配合。血行を促進するナイアシン、ビタミンEをプラス。1日1回3錠。体力低下時、肉体疲労時、妊娠・授乳期の栄養補給にも効きます。定期お届けコース(3カ月毎に3個お届け)の1個目が、初回限定価格1,490円(税込)。

価格 1,480円
評価 評価3
備考 1日1回3錠

 

神経痛に効く薬はどんなの?

 

手足にしびれや痛みが出る、神経痛。いろいろなタイプがありますが、ビリビリとしびれる感じがしたら、それは神経痛かもしれません。一般的な痛み止めが効かない神経痛もあり、どうしたら良いのか悩みますね。ここでは、神経痛に効果のある薬やサプリを紹介します。

 

「神経痛について」
まず、神経痛について説明します。普段の会話でも使うことの多い神経痛という言葉ですが、これは病名ではありません。頭痛や生理痛と同じように、症状を表す言葉なのです。神経は全身を走っています。なので、どこに症状が出てもおかしくないわけです。場所によって対処法も異なります。
「ビタミンB群が良い」
神経に良い働きをしてくれるのは、ビタミンB1、B6、B12です。アリナミンという有名な商品にも含まれています。筋肉や神経に効果があり、食べ物で摂取するよりも即効性を期待できます。
「コンドロイチン」
コンドロイチンもCMでよく耳にする言葉ですね。これは、関節のクッション性を保ってくれる働きをします。
「グルコサミン」
グルコサミンはコンドロイチンとどう違うのでしょうか。実は、コンドロイチンはグルコサミンが集まって出来るもの。最終的には同じ役割をしてくれます。
「人気の薬やサプリは何か」
手軽に入手できるもので人気がある薬は、アリナミンEXやキューピーコーワゴールドなどです。サプリメントでは、小林製薬のグルコサミンが人気を集めています。バンテリンという、塗り薬タイプもありますよ。

 

神経痛の種類とは?

 

なんだか手足がビリビリ痺れる感じがする、と言った症状があったら神経痛かもしれません。神経痛にはどのような原因があり、予防法はあるのでしょうか。

 

「神経痛について」
神経痛という言葉はよく使われますが、具体的にどのようなことを指すのでしょうか。神経痛にはいろいろな症状があり、部分によって対処法も変わるそうです。末梢神経が圧迫されると、痛みが出ることがあります。鋭い痛みが出たり、何度も繰り返す痛みであることが神経痛の特徴です。人によっては、持続時間があまり長くない場合もあります。「神経障害性疼痛」という呼び方もあります。代表的なものには、坐骨神経痛や帯状疱疹後神経痛があります。糖尿病から発症する場合もあります。

 

「原因」
神経痛の原因を見ていきましょう。
突発性神経痛・・・原因不明のもの。
症候性神経痛・・・病気や外傷によるものなど、原因がある場合の神経痛。
「種類」
どのような種類があるのか、いくつか紹介します。
・顔面神経痛
顔を走っている三叉神経が、血管に圧迫されることで起こる痛みです。これは、痛みの時間が短いのが特徴です。
・上腕神経痛
首、肩、腕、手などに痛みの症状が出るものを指します。痛み以外には、しびれや力が抜けるような感じなどがあります。
・舌咽神経痛
舌や喉や、耳の辺りが痛くなる神経痛です。神経が圧迫されていると出る症状です。
・肋間神経痛
肋骨の辺りが痛くなる神経痛の事です。
・後頭神経痛
数日から数週間と、痛みが長く続くのが特徴です。

・坐骨神経痛
お尻や足に、しびれや違和感を感じます。
「予防」
正しい姿勢を心がけることが大切です。また、なるべく体を冷やさないようにしましょう。

 

神経痛の検査はどんな内容?

 

神経痛というのは、様々な部位に現れ原因も人によって違っています。まずは原因を特定することから始まるのですが、一体どのような検査をして行くのでしょうか。そして診断についても説明していきます。

 

神経痛は人によって痛む場所が違っていますが、行う検査は大体同じようなものです。まず問診をして、詳しく症状を把握します。その後、レントゲン検査やMRI検査、CT検査の他、整形検査法であるモーションバルベーションやスタティックバルベーションなどの触診が行われます。また電気的な診断も行われ、節電図検査もあります。血液検査をする場合もあるでしょう。原因が実に様々で、内臓の病気であったり、リウマチであったり、感染症である場合もあるからです。

 

一般的には、動診であるモーションバルベーションが多いです。そして画像診断も併用して、細かく原因を探っていくのです。神経痛の多くは、脊椎が変形することによって末梢神経が圧迫されることが原因となっています。そのため、脊椎のレントゲン検査が多く行われています。画像診断で、体の奥を見ることが出来ます。これに対して触診は、経験がものを言う世界。診断にばらつきが出てしまいます。どちらの検査に偏ることなく、併用して総合的に判断するようになります。

 

舌咽神経痛と三叉神経痛は、突発性と症候性の両方のタイプがあります。出ている症状だけでは、どちらのタイプかは分かりません。やはり、検査をして詳しく調べる必要があります。

 

神経痛の治療法

 

神経痛になったら、どうしたら良いかを説明していきます。
「受診は何科が良いか」
まず、何かに受診したら良いかで悩みますよね。判断基準としては、今ある痛みが神経痛なのか炎症による痛みなのかを確認します。ビリビリした痛みの場合は神経痛が疑われます。よく分からない場合は、とりあえず一般内科に行ってみると良いでしょう。その結果から、適切な科を紹介してもらえます。顔が痛む三叉神経痛は、脳神経科。腰痛や手足のしびれには、整形委外科を受診しましょう。原因不明の場合には、痛みに専門的に対応してくれる「ペインクリニック」も考えてみましょう。
「神経症の治療はどのようにされるか」
病院に行くと、以下のような治療がなされます。
・内服治療
非ステロイド性鎮痛薬が処方されます。バファリンやロキソニンなどです。薬局でも手に入ります。または、神経障害性疼痛治療薬のプレガバリンも有効ですが、こちらは病院での処方となります。
・神経ブロック
痛みがあるところに、局所麻酔をして神経の興奮を抑制します。即効性があります。
・理学療法
電気刺激によって、痛みの緩和をはかります。これにはたくさんの種類があります。温熱療法は、体を温めることで痛みを緩和させようとするものです。
「日常生活でのケア」
神経痛は日ごろの生活習慣も大きく影響しています。体を使う時のクセが原因になっていることもありますよ。
・ストレスをなるべく溜めないようにする。
・アルコールやたばこ、コーヒを少なめに
・体の冷えに注意

・姿勢に気を付ける
「温泉が効果的」
体を温めるという事につながるのですが、温泉は神経痛に良い影響を与えます。これは治療にも取り入れられているもので、効果を感じる人が多いです。気を付けなければいけないのは、温泉の性質によっては禁忌となる病気があること。病気由来の神経痛でしたら、このことは気を付けなければいけません。医師と相談しましょう。

 

手足が痛む神経痛

 

神経痛というのは、体のいろいろな所に現れて痛みを生じる症状です。神経痛に悩む人は結構多いです。ここでは、原因について詳しくご紹介します。

 

「神経痛って何だろう」
まず、神経痛という言葉について説明します。これは、病気の名前ではなくて体に現れている症状の総称です。神経は中枢神経と末梢神経に分けられますが、そのうちの末梢神経に深くかかわっています。指先まで隅々に張り巡らされた末梢神経によって起こされる痛みが、神経痛です。
「神経障害性疼痛」
いろいろな種類がある神経痛の内の一つに、神経障害性疼痛があります。重症の慢性通であり、帯状疱疹後神経痛が代表的です。これは、子供の頃に感染したヘルペスウィルスによるもので、潜伏していたウィルスが再活動することで引き起こされます。加齢やストレスで免疫が低下した時が危険。皮膚に出た帯状疱疹は時間が経てば治りますが、ピリピリした痛みはなかなか取れません。
「突発性神経痛」
大きく二つに分けられる神経痛の内の一つがこれ。原因が分からないもののことです。レントゲンや診察でも分からないので、治療に時間がかかってしまいます。そのため、痛みに対する対処治療を行うことになります。
「症候性神経痛」
原因が分かっている神経痛の事です。椎間板ヘルニアによる坐骨神経痛などがそうです。
「いろいろな神経痛」
その他にも、顔が傷む三叉神経痛や、腕が傷む上腕神経痛や、肋間神経痛、舌咽神経痛などがあります。それぞれ原因が違っています。

 

腰が痛む神経痛

 

神経痛にはいろいろなタイプがあり、人によって症状が現れる部位は様々です。ここでは、特に足に注目していきましょう。神経痛が、腰や下肢に現れている場合は、坐骨神経痛が疑われます。その他にも、腸骨下腹神経痛や大腿神経痛、閉鎖神経痛、尾骨神経痛、外側大腿皮神経痛などいろいろあります。
・坐骨神経痛
坐骨神経による痛みです。坐骨神経というのは、とても長く太い神経で、足の広範囲を司っています。痛みの場所としては、片側のお尻、太ももの裏側、ふくらはぎ、足の甲やくるぶしまで。
・大腿神経痛
太ももの前面と側面を走っている神経によって起こる痛みのことです。痛む場所として挙げられるのは、太もも前面と下腿の内前側です。坐骨神経痛の場合は裏側、大腿神経痛の場合は表側と覚えておきましょう。
・ 外側大腿皮神経痛
これは、太ももの前面と外側をつかさどる神経によって起こる痛みです。知覚異常性大腿痛とも言われます。太ももの外側や股関節の辺りが痛くなります。この神経は運動をつかさどっていないので、麻痺や歩行困難などは起こりません。
・閉鎖神経痛
これは、閉鎖神経によって起こる痛みです。腿、太もも内側、股関節の辺りに痛みが生じます。閉鎖孔ヘルニアが原因とも言われています。閉鎖孔とは、坐骨、恥骨、腸骨の所の隙間の事です。ですが、はっきりとは分かっていません。

 

「まとめ」
神経痛にはたくさんのタイプがあり、腰から下だけでもこんなにあります。異常を感じたら、早めに病院へ行くことが大切ですね。

更新履歴