神経痛は服薬と理学療法とセルフケアで改善

神経痛は、ケガとは異なり痛みの起こっている部位がピンポイントでは分からないので、改善には複数の方法が用いられます。オーソドックスな治療方法は鎮痛薬の服用や理学療法で、症状によっていろいろな組み合わせをして治療をします。薬には非ステロイド性鎮痛薬、神経障害性疼痛治療薬、神経ブロックなどの種類があります。非ステロイド性鎮痛薬は神経痛専用ではなく、頭痛や生理痛など幅広い痛みに対応できる薬で、処方箋がなければ購入できない薬もありますが、ドラッグストアで購入できるタイプもあります。神経障害性疼痛治療薬は神経系の痛みの鎮静に特化した薬で、処方箋がなければ購入できません。神経ブロックとは、痛いと感じる部位に麻酔薬を注射して、一時的に痛みを緩和する方法です。麻酔薬の種類や量は医師の診断によって様々あります。

 

理学療法の代表は電気刺激療法です。低周波の電気を痛みのある部分に流して、神経の痛みを抑制する方法で、電気の種類や強さは症状によって使い分けられていて、医師の処方を必要とします。血流の流れを促してし権威の歌見を緩和するには、温熱療法を用います。温める方法として、温シップや腕から先や足を浸して体の内側から温めるだけをルマニウム温浴などで神経痛の改善を図ります。

 

神経痛は、病院での治療だけでなくセルフケアを行うことが大切です。体を温めるなら温泉や入浴か改善効果が高いです。特別な事情がなければ、毎日温泉に通うのは無理なので、湯船に浸かって体を芯から温めると良いでしょう。他に体を温める働きのある食材を積極的に食べる、冷房の強い室内では体を冷やさないようにする、カフェインの多い飲み物をさけるなどに注意をすると、神経痛の痛みの改善に役立ちます。