神経痛は末梢神経の炎症

神経痛は末梢神経の炎症

 

 

神経痛とは末梢神経に炎症が起こって痛みを発する疾患で、針で刺されたような激しい痛み、電気が走るような痛みが特徴です。継続して痛みが続くは場合もあれば断続的に痛くなる場合もあります。大きく分けると、原因の特的が難しい特発性神経痛と、腫瘍・多発性硬化症などの疾患・ケガ・骨の変形によって末梢神経が傷ついて起こる症候性神経痛があります。治療は主に内服薬を用いますが、症状によっては外科的な治療が必要な場合もあります。

 

神経痛の種類は炎症が起こっている部位によって複数あります。たとえば顔にある三叉神経に炎症が起こると、歯磨きで痛みが誘発されやすいのが特徴です。動脈硬化などで血管が膨張して三叉神経を圧迫するのが原因として最も多いですが、ストレスによる自律神経の乱れによっても発症します。坐骨神経痛は腰・背中・臀部・太ももなどに痛みを発症します。腰部椎間板ヘルニアや腰部脊柱管狭窄症で、椎間板が坐骨神経を圧迫して炎症を起こして発症することが多いですが、疲労の蓄積が炎症を起こす場合もあります。肋間神経痛もよく見られる症状で、前触れもなく痛みを感じたり、呼吸をしたタイミングで強い痛みとなることもあります。不自然な姿勢が習慣になっていたり、ストレス、慢性疲労が主な原因とされていますが、帯状疱疹の後遺症の場合もあります。帯状疱疹のウィルスが潜伏していると、疲労やストレスで免疫力を低下させ、末梢神経に炎症が起きやすくなると考えられています。

 

痛みを鎮静化させるには内服薬が有効です。病院の治療も投薬を中心に行います。市販の鎮静剤でもある程度の効果は見込めますが、神経の痛みの改善に特化した薬は処方箋が必要です。鎮静剤は耐性があって、長期間飲み続けると薬効が薄くなる傾向があります。自己判断で市販薬を利用するより、病院で診察を受けて適切な薬を処方してもらうのが早期に痛みを改善出来ます。