ポリフェノールが神経痛に及ぼす効果とは

ポリフェノールは主に植物に含まれている成分で、体内に増えすぎた活性酸素を除去するエイジングケアに効果があることで知られています。非常に種類が多く、種類によって抗酸化作用以外にも多くの働きを持っています。米ぬか・米胚芽油に含まれるγオリザノールは、神経痛の改善に効果があります。神経痛は末梢神経に炎症が起こるとで痛みが発症しますが、活性酸素の増加が原因で炎症が起こることがあります。γオリザノールの抗酸化作用は、活性酸素の増加による細胞の酸化を抑制するので、神経痛の痛みの軽減に役立ちます。さらに自律神経のバランスを整える効果も、神経痛の痛みの軽減に効果を発揮します。

 

渋柿に含まれるポリフェノールには、血管を健全に維持する働きがあります。柿渋は古くから民間療法して、火傷や皮膚病の外用薬して利用されてきました。止血効果が確認されたことで、内服薬としても効果があることがわかり、神経痛や中風の鎮静剤としも利用されるようになりました。

 

生活習慣病や加齢によって血液中のコレステロール増加すると、血行が悪くなり血管壁にこびりついて血管内が細くなります。血液がスムーズに流れなくなると、脳梗塞、動脈硬化など血管系の疾患のリスクを高めます。柿渋ポリフェノールにはタンニンが多く含まれていて、増えすぎた悪玉コレステロールを正常な状態に戻す働きがあります。血液中のコレステロールが正常になれば、血流がスムーズになって体内に栄養がくまなく届くようになります。また老廃物の排泄も促されるので免疫力もアップします。細菌やウィルスの増殖の抑制力が強化されるので、神経痛、肩こり、リウマチ、生活習慣病の予防に役立ちます。