気圧の変化で神経痛の痛みが強くなる?

神経痛の痛みの方が天気予報よりも正確に天候の変化を感知するという人は少なくありません。天候不順、季節の変わり目など気圧が大きく変化するタイミングと、神経痛の症状との間には因果関係があることが、研究の結果で解明されつつあります。

 

末梢神経に炎症が起こって、神経痛が起こる原因のひとつとしてストレスがあります。ストレスは交感神経と副交感神経のバランスを崩して自律神経を乱します。気圧が低下する際にも、ストレスと同様にヒスタミンの分泌を増加させること確認されています。ヒスタミンは交感神経の働きを促すので、日中の活動時には活発に分泌されています。血管を収縮する働きが、抹消神経に炎症を起こすこともあります。気圧の低下はヒスタミンが分泌されやすい環境にするため、神経痛の痛みが出やすくなると考えられます。

 

湿度の変化も痛みを強くさせます。梅雨の時期は湿度が高くなります。湿度が高い状況が続くと、発汗や水分代謝が低下して、むくみやすくなります。排泄されない水分には老廃物が含まれているので、疲労物質が体内に蓄積されやすい環境になり、神経痛の痛みを誘発しやすくします。また気温の変化、特に気温が低くなると体温を温存するために血管が収縮し、神経痛が酷くなる傾向があります。

 

屋外での活動が多い場合には、衣服や回路などで体温の調節をすると、痛みの予防に効果があります。また屋内で過ごす場合には、室温調整をこまめにすると、痛みの軽減に効果を発揮します。台風などの大きな気圧の変化も注意が必要です。短時間で湿度や温度が大きく変わるので、体が対応できない場合があります。神経痛に限らず、体調に大きく影響することを認識しておくと、いざというときに慌てずに済みます。