病気が原因の神経痛について

病気が原因の神経痛について

 

 

神経痛は、顔、腰、肋骨をはじめとするなど体中に張り巡らされている末梢神経の一部が、炎症を起こしてキリキリとした強い痛みを発症するのが特徴です。多くの場合、炎症が起きる原因が特定されないので突発性神経痛と呼ばれています。ただ中には病気やウィルス感染が原因で炎症を起こすケースもあり、症候性神経痛として区別されています。

 

突発性神経痛の治療は、基本的には鎮静剤を服用して炎症を治めます。薬で痛みが引かない場合には神経ブロック注射や外科的な治療を行います。症候性神経痛は何らかの疾患が原因となっているので、病気の治療をしながら痛みを抑制します。

 

症候性神経痛は、痛みがある部位によって種類があります。顔面に痛みを生じる症状は三叉神経痛で、帯状疱疹の後遺症、膠原病、代謝異常などが原因していることが多いです。肋骨の周辺・背中・胸部がキリキリと痛むのは肋間神経痛で、椎間板ヘルニア、胸部骨折、ストレスなどか大きく影響しています。最も炎症が起こりやすいのは、腰・骨盤からつま先を通っている末梢神経で、坐骨神経痛と診断されます。

 

痛みだけでなく脚や腰がしびれだ状態になることもあります。長時間悪い姿勢を続けることでも起こりますが、脊髄や骨盤に腫瘍が出来ている場合に発症する可能性が高いです。また加齢による腰部脊柱管狭窄症や変形性腰椎症になっていると、同時に坐骨の神経も炎症を起こして痛みを生じます。

 

また若年層でも腰椎椎間板ヘルニアになった場合に、坐骨神経痛を発症することが分かっています。末梢神経は口や喉にも通っていて炎症を起こすことがあります。舌咽神経痛と言いますが、かかわりのある病気は脳腫瘍、脳梗塞など脳の血管系の病気です。その他、帯状疱疹の後遺症、糖尿病、 膠原病、薬物中毒、栄養障害なども神経痛の原因になります。