神経痛の原因とは

神経痛は簡単に言えば、末梢神経の炎症によって起こる痛みです。強い痛みが特徴で、しびれ、筋肉や腱の委縮・硬直などがみられる場合もあります。特発性神経痛と症候性神経痛があると言われていますが、いずれの場合も末梢神経の炎症が関係しています。ただ症候性神経痛は、別の疾患や過去の疾患の後遺症が誘引しているため、適切な治療を行うにあたって原因の所在をはっきりさせる必要があります。炎症が起こる原因は痛みが発症している部位や状況によって様々で、病気以外ではウィルス感染、ストレス、疲労の蓄積などが考えられます。

 

たとえば顔面に発症する三叉神経痛は代謝異常、帯状疱疹の後遺症、難病に指定されている膠原病が原因となる場合もありますが、血管がストレスなど原因で膨張して脳幹部を圧迫して痛みを発症すると考えられています。特に発症率が高いのは坐骨神経痛で、骨盤や尾てい骨から下半身にかけて痛みがあります。坐骨神経痛の場合、原因は主に椎間板ヘルニアや高齢者に多い腰部脊椎狭窄症です。ビリビリとした痛みやしびれがあります。姿勢や骨格のバランスによって坐骨神経への刺激度が異なることから、姿勢や骨格の矯正をして改善出来ることもあります。

 

肋間神経痛も発症率が高い部位です。肋間神経が肋骨や背中の筋肉に刺激されて、突発的に痛みを発症します。ひどい時には、息をするだけでも痛みがあり、肋骨の骨折が疑われることもあります。肋間神経痛の原因はストレス、姿勢、疲労が深く関わっていると考えられています。疾患の可能性としては、帯状疱疹の後遺症が上げられます。帯状疱疹にかかって治ったとしても、原因となったウィルスは神経節に潜伏し続けます。免疫力があるうちは再発の可能性は低いですが、疲労やストレスで免疫力が低下すると、神経を刺激して痛みを起こします。